Bianchiロードバイクの「安全に関する重要なお知らせ」について

スポンサーリンク

こんばんわSebです。

メンタルヘルス維持・向上の為に定期的な運動は一般的に推奨されています。

そういった面から私は今年からロードバイクにチャレンジしようと考えておりまして、昨年秋ごろより色々なメーカーのロードバイクを物色しておりました。

そんな中で鮮やかなチェレステカラーに一目惚れしBianchiのロードバイクにしようと決めていたのですが年末にBianchiのサイトで「安全に関する重要なお知らせ」がアップされているのを発見してしまいました。

私が狙っていたモデルも対象となっているようでガックリ感に包まれてハンパない状態です。

ただ、今回のニュースは既にBianchiのロードバイク、特にカーボン製のロードバイクに乗っている方にも必見のニュースですのでご紹介します。

 

<スポンサーリンク>


■具体的な事象

私も見落としていたのですが「お知らせ」がアップされたのが昨年末、2016年12月30日。

具体的な内容はこちらとなってますが、本文に

弊社で販売されているフルカーボンフォークを採用しているモデルにつきまして、ステムトップキャップの取り付け方によってはフォークが破損し重大な事故につながる恐れがございます。
と書かれています。

前輪を取り付けるフォーク部分とハンドルで舵取りするコラム部が全てカーボンで出来ているモデルが対象になってくるとのことです。

具体的なモデルで言うと

  • SPECIALISSIMA
  • OLTRE
  • SEMPRE PRO
  • FENICE PRO
  • INFINITO
  • INTENSO

が対象になると思われます。

 

■サイトからの指示

サイトの文面は続いていて

下記の内容をご確認いただき、組み立ての際にはこちらを守っていただけますよう、何卒よろしくお願い致します。
の文面と具体的な内容が図説されています。
1. ステム下部のスペーサーは 5mm 以上 35mm 未満とする
2. 取り付けの際 5mm スペーサー1 枚のみをステムの上部に置き、それ以上の厚さ(10mm 等)のものを置かない、また取り付けのためにコラムはステム上部より最低 2mm 出代を確保する
書いて有ることは理解できて、おそらく標準使用のままで乗っていれば問題ないでしょうが、このあたりの部分って乗る人の体型に合わせて調整する部分なのでロード乗りの人が一番弄る部分だと思うんですよね。

■今後の対処(未定な様です。。。)

さらにBianchiのサイトによると

詳細な内容については現在、イタリア本社に確認中となっております。
詳細が分かり次第、ホームページで再度ご案内させていただきますので、何卒ご理解の上、ご了承をお願い申し上げます。

とのことですので本格的なリコールなどの対処法は決定していないようです。具体的に何年モデルが対象かと記載されていないので既にBianchiに乗っている方も今回の件の対象になるかもしれませんので十分にご注意下さい。

追加ニュースがあればまたこの投稿に追加します。

ーーーーー1月12日追記ーーーーー

遅くなりましたが1月6日にBianchiオフィシャルサイトにて追加ニュースがありました。

文面は

・フォークを取り外し下記の画像のような損傷または破損の有無をご確認下さい。
・損傷または破損が確認できた場合、お買い上げ頂いた販売店にご連絡いただき、代替フォークの手配を行って下さい。(代替品の詳細、納期等につきましては決定し次第ご案内させていただきます。)
・傷の有無の判別に自信がない場合は、お買い上げ頂いた販売店に自転車を持ち込み検査を依頼してください。破損または損傷が発見された場合、販売店を通して弊社に返送して頂きますようお願いいたします。

となっています。

問題があるなら販売店で代替えフォークの手配を行ってくれるそうです。ひとまず一安心ですね。

ニュース詳細はこちら

 

 

<スポンサーリンク>


スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【HN】Sebastian 【Twitter 】Follow @SebastianGLP 【Facebook】播州人ローディーの人生日記 【Instagram】作成中 ガジェット情報、ロードバイク活動中心のブログです SNSとも連携して情報発信していきます。 宜しければ合わせてチェック下さい(*・∀-)b