Mac上にParallels Desktop 12 for MacでWindows環境を構築しよう

スポンサーリンク

こんばんわSebです。

クリスマスイブの今日。街はクリスマスカラー一色に染まっているのでしょうが、私は年賀状作成のため一日家に籠もってPCとにらめっこしておりました。年賀状作成のこの季節。Mac使いであるワタシ的には唯一Windows環境を使う季節になります。過去からずっと使い続けてきた某有名年賀状作成ソフトがWindows環境でしか提供されていないんんですね。

とはいえ一年に一度しか使わないソフトのためにWindowsPCを買うなんて勿体無い。「Mac上でWindowsが動けばこのソフトが使えるのに」と悩んでしまいますが、そんなお悩みを解決してくれる方法が実はあるんです。

ということで今日はMacでWindowsソフトを使うための一つの解決策としてParallels Desktop 12 for Macを紹介します。

<スポンサーリンク>


■Mac上でWindowsを動かす2つの方法

Mac上でWindowsを動かす方法はズバリ2つあります。それは「Bootcamp」と「Parallels Desktop」を使う方法です。

私は先代のMacのときにはBootcampでデュアルブート環境を作っていました。BootCampはMac純正のWindows起動環境ユーティリティなのでMacのモデル毎にWindowsが動作するようAppleがしっかりと作り込んでくれています。そんな便利なBootCampですが3つ弱点が有ります。それは

  1. Macのモデルによって使えるWindowsのOSが限られる
  2. HDDをMac用とWindows用のパーティションに分けないといけない
  3. Windowsが起動している時Macのソフトが使えない

というところです。デュアルブートゆえに同時には使えず常に環境はMacかWindowsかのどちらかの選択になってしまいます。そしてHDDをパーティション分けしないといけないのでMacBookなど潤沢なHDD容量がないモデルなどではストレージ容量がすぐに足りなくなってしまうという困った状況になります。

その弱点を補ってくれるのが「仮想マシン」環境でWindowsを動作させるParallels Desktopになります。

■Parallels Desktop 12 for Mac

Parallels Desktop 12 for MacはParallels社より販売されているMac上で動作する「仮想マシン」環境です。有料で8,500円くらいです。お金を出して使えなかったら嫌ですので、とりあえず自分の使っているMacで利用できるかどうか14日間の無料お試し期間(2016年12月24日現在)も有りますのでまずはお試しで利用してみるというのも有りかと思います。なお「仮想マシン」上に搭載するWindowsOSも別途準備の必要がありますのでお持ちでない方は購入の必要があります事をお忘れなく。またスタンダード版を選択すると今後のMacのOSアップデートによりParallels Desktop バージョンのアップグレードが必要になります。その都度5,300円程度のライセンスアップグレードが必要となってきますので心しておきましょう。

インストール設定を行うとParallels Desktop上でWindowsが使えるようになります。BootCampとは違い、

  1. MacOS上でWindowsが稼働する
  2. Windowsのデスクトップを表示させずWindowsソフトを動作させるコヒーレンスモードが可能
  3. Mac上にWindowsのフォルダを統合表示が可能

と言うことが可能で、もうMacでWindowsソフトを利用できていると言っても過言ではない使い心地が体験できます。

またParallels DesktopはMacOS上に一つのソフトとして認識されているのでTime Machineのバックアップの中に含まれることになります。(BootCampのときのWindows環境はTime Machineバックアップ対象外でした。)ですのでWindowsで作成したデータなども抜けもれなくバックアップ管理することが出来るので便利です。

■まとめ(Windows環境をどう考えるか。)

結局のところMacとWindowsを両方持つとそれなりにお金がかかってしまいます。どちらかに片寄せできれば良いのですが私のように「どうしても使いたいWindowsソフトが有る」というユーザーならハラをくくってやるしかありません。ただ、昔と比較して仮想マシン環境も性能が上がっていますので使用途中にダンマリをおこしたりすることもなく使い勝手はもの凄く良いです。

考え様に依ってはWindowsパソコンを環境を物理的にMac環境に統合できるのですから、それなりのMacとWindowsを一台ずつ持つよりWindows機を買わず高めのグレードのMacを購入して環境統合したほうが良いかもしれません。

MacとWindowsの間でお悩みの皆様。ParallelsDesktopはかなり良いソリューションです。是非ご検討下さい。

<スポンサーリンク>



にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【HN】Sebastian 【Twitter 】Follow @SebastianGLP 【Facebook】播州人ローディーの人生日記 【Instagram】作成中 ガジェット情報、ロードバイク活動中心のブログです SNSとも連携して情報発信していきます。 宜しければ合わせてチェック下さい(*・∀-)b