シャマルミレを買って思ったこと。速さはカネで買え!

スポンサーリンク

まいど、おおきに!Sebです。

梅雨の合間。今日は雨が降ってないので軽くライドしに行こうと思います。

しっかし朝から蒸し暑いっすね〜。

瞬時に汗をサラリと乾かすインナーを着ていても今日の蒸し暑さでは汗でじっとりしちゃうでしょう。

肝心のライドの目的としては購入したてのシャマルミレを色々試しながら特徴を感じ取っていくことです。

でも、たかだか平坦を50km、100kmライドしたくらいでは本当の良さなんて見えてきません。今々わかることは、

軽い!

速い!

くらい。

買ったばっかりでウレシさの方が勝ってしまいポジティブな感想しかでてきません(*´∀`)

ホントに「エエもん買うた〜」、「今日も乗りたい〜」の気分で満載だからです。

そして今、間違いなくもう一つ気分的に言えることがあるんですが、説明するにはロードバイク以外の例えになってしまいます。

■別のスポーツで例えます。

たとえばワタシは趣味としてゴルフを嗜んでいます。

初めてから20年くらいになりまして、普段練習せずともスコアも大体100台で回れるくらいの腕前です。

ゴルフやってない人にはよくわからないと思いますが、まぁイメージとしては大体の人と一緒にゴルフコースをラウンドしても迷惑をかけないくらいの腕前だと思って下さい。

ロードバイクに例えれば一緒にライドしに行ったメンバーにちぎられずにそれなりに付いていける脚力があると申しましょうか。

そんなワタシでもゴルフ始めたての頃はスコア140台をウロウロしていました。

140台のスコアを出す人というのは、概ねコースでモタモタしたり、OB連発したり、パットが全然届かなかったり、団体戦でアシを引っ張ったり、というように迷惑をかけるレベルですのでゴルファーとしてあまり好まれません。すなわちコンペとかに呼ばれません。

練習もそれなりにやっていたんですが、自己流ではなかなか上達しないもんなんですね。

そんなワタシが昔、当時の上司に「上達のためにレッスンにいこうと思ってるんです。」と相談したところ、意外な答えが返ってきました。

上司「レッスンいく前にエエ道具揃えろよ。初心者の道具でレッスンいったって慣れたところで道具買い替えたらまたバランス狂ってわからんようになる。それよりはエエ道具買ってしばらく使ってからレッスンいった方がエエで。ちなみにエエ道具やったらレッスンいかんでもそれなりにスコアもアップするモンやで〜。」

といわれました。畳み掛けるように

上司「要するに、スコアはカネで買えるんや。」

と諭されました。

ワタシたちはプロではありません。練習なんてプロみたいに毎日何時間もできないし、四六時中そのスポーツだけに向き合えることもありません。

正味のところ「毎日練習してるよ〜」って言ってもプライベートの時間を削って毎日一時間とか、「ずっとそのスポーツのこと考えてるよ〜」って言っても平日は一日8時間仕事に追われあくせくとしています。

そんなワタシたちがスキルアップ出来るレベルなんてプロ選手から見ても高々しれていて、早く確実に精度を上げるためにはイイ道具に頼るべきなんだという考え方です。

20年前に上司に言われた言葉なんですが、今から思えば全くの正論だと思います。

■速さはカネで買える!

この理屈をロードバイクに当てはめると

「速さはカネで買える!」

ということになりますね。

これは今、まさにワタシがロードバイクの世界で実践しているところです。

世の中のプロレーサーの方々はメーカー謹製の専用品を使って勝負の世界で戦っておられます。

一方ワタシたちアマチュアはお金を出して道具を選び、自分を鍛えて趣味の高みへ上り詰めていこうとしています。

すなわち「趣味の高みに登り着く事」が正義だとしたら「最高の道具を選び」、「最高に自分を鍛える」事が正しい道をいくことになるのです。

人間、体や精神を鍛えるのは時間がかかります。その面で高みに登ることも時間がかかります。

でも「最高の道具を選ぶ」のはお金さえかければ一瞬で到達できます。

そういう意味でもワタシがミドルグレードホイールではなくシャマルミレを選んだのは理に適ってます。

(*´∀`)ですね〜

もう後はワタシ自身がメンタル、フィジカルを鍛えていくだけのハナシになるのです。

■趣味にかけられる時間も限られている。

もう一つ別の視点から見ていきます。

それは年齢です。(´;ω;`)

プロフィールにも書いてあります通りワタシは40代半ば(いわゆる団塊の世代Jr)です。

諸説様々ですが、一説によると人間の体力は25〜30歳をピークに下がっていく一方です。

そんな中で健康的にスポーツとしてバリバリ速さと距離を追っかけてロードバイクに乗れるのはいくつまででしょう。

そう考えた時に40歳代半ばでシャマルミレを買うのと50歳代半ばでシャマルミレを買うのはぜんぜん違うと思うのです。

ワタシとしてはハイエンドアルミホイールを買うのはもう遅いくらい。できれば30歳代で出会っておきたかったくらいの気持ちです。

ちなみにカーボンディープリムハイトホイールとか興味はありますが、多分買わないと思います。50代に向かって生きているワタシが今から何かのタイムトライアルの記録に挑戦しようとか、クリテリウムで優勝を狙うぞとか思わないでしょうから。

そんなこんなもあり道具への投資は早めにしていこうと心がけています。(ロードバイクに限らずですが。)

この投稿を御覧頂いている皆さんは年齢層も様々だと思いますが、よっぽどプロを目指すとかでない限り

「速さはカネで買う!」は真理

だと思いますので是非ご参考にして下さい。

今日も長文の投稿を読んでいただいて感謝です。
おおきに!

\当サイトはブログ村ランキングに参加しています/
↓最後にポチッと♪して頂けると励みになります!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【HN】Sebastian 【Twitter 】Follow @SebastianGLP 【Facebook】播州人ローディーの人生日記 【Instagram】作成中 ガジェット情報、ロードバイク活動中心のブログです SNSとも連携して情報発信していきます。 宜しければ合わせてチェック下さい(*・∀-)b