【輪行物語】その2 <前編>西の聖地「だるま珈琲」へ

スポンサーリンク

まいど、おおきに!Sebです〜。

いよいよ梅雨明け間近!7月14日(金)に行ってきたライドのレポートです。

いつもはショップのある神戸方面や加古川周辺をライドしていた私ですが、今回は思い切って西へ行ってみることにしました。

目的地はとにかく西へ。行けるだけ行って帰りは輪行して帰ってくるということだけ決めてスタートします。

■朝からすでに暑い(^_^;)

地元駅をスタート地点に9時に出発しますが既に暑い!気温は31度。まだ梅雨のはずなのに雲一つない晴れの日。

事前にGARMIN先生に登録しておいたコースを基に国道250号線を西に向かってひたすら漕ぎ続けます。

■道の駅「みつ」で休憩

加古川を越え高砂市を抜けて姫路市が過ぎ、たつの市の平坦区間が終わった頃、ライドは30kmを越えたので道の駅「みつ」で最初の休憩を挟みます。

海岸線が見える駐輪場のサイクルラックに自転車を置いて店内へ。

とにかく暑かったので冷たいものをいただきま〜す。

期間限定のトマトソフトか播州産赤穂塩のソフトクリームかどちらか迷いますが、

そこはもうミックスするしかないっショ。

海辺からの涼しい風を受けながらしばし休憩をとりリフレッシュした後、播州のライド名所「七曲り」に向かいます。

「七曲り」をすぎると相生市街に入っていきます。

■「七曲り」をすぎると播州ローディーの”聖地”までもうすぐ

「七曲り」って意外に坂あるんやね〜。

自称「平坦屋」のわたしにとって坂は苦手なジャンルですが、カンカン照りの暑さも相まって結構キツい七曲りとなりました。

春秋とかだともっと坂を楽しめるのかもしれない。そう思いながら「七曲り」を抜けると相生市街へ。

相生市。

ココに来たからにはぜひとも立ち寄るべき場所がある。GARMIN先生に登録しているルートをちょっと外れて相生駅方面へ。

川沿いを走り少し行くとありました!

知る人ぞ知る関西ローディーの聖地だるま珈琲!です。

色々な方のブログに登場するローディー御用達のカフェです。

播州人ローディを名乗っていて西に行くからには絶対に外せないお店だと思ったので立ち寄りました!

さすがに平日のお昼時。早速中へ入ってみましたがローディーたちはいません。

地元のおばさん方が一組おられるだけ。マスターにご挨拶しカウンターに座ります。

座りやすくてマスターと喋りやすそうな角度の席を考えると右から二番目の席でした。(©コギコギさんの座る席ですね〜)

店内をみるといろんな方のブログで見た、だるま珈琲ジャージが!
(奥には臨時漕会のジャージもあります♪)

マスターに聞くところによると首のところの文字はアレンジできるのだとか。

初めて店にお伺いしましたがマスターがホントいい人で喋りやすい方で、マスター自身もロードバイクに乗っていて近辺のコースなどをご教示頂けたり、常連さんの情報なんかも教えていただいたりして時の経つのを忘れロードバイク談義に熱中してしまいました。

お店の雰囲気が本当に良くてローディーさんたちが集う訳も納得いきました。

帰り際、ご丁寧にだるま珈琲ステッカーも頂き、私のBianchiを見ていただいてお店を後にしました。

また西にライドする時には間違いなくお邪魔させていただきます〜。

後編に続く

今日も長文の投稿を読んでいただいて感謝です。
おおきに!

\当サイトはブログ村ランキングに参加しています/
↓最後にポチッと♪して頂けると励みになります!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村

スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェアしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【HN】Sebastian 【Twitter 】Follow @SebastianGLP 【Facebook】播州人ローディーの人生日記 【Instagram】作成中 ガジェット情報、ロードバイク活動中心のブログです SNSとも連携して情報発信していきます。 宜しければ合わせてチェック下さい(*・∀-)b